息の跡

自らの被災体験を英語で綴り自費出版する男性を写したドキュメンタリー

息の跡

息の跡

2016年 日本 93分

出演:

佐藤貞⼀

配給:

東⾵

ジャンル:

ドキュメンタリー

劇場公開日:2017-02-18

2017年2月18日(土)よりポレポレ東中野にて、他全国順次公開

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

岩⼿県陸前⾼⽥市。荒涼とした⼤地に、ぽつんと佇む⼀軒のたね屋(種苗店)。津波で⾃宅兼店舗を流された佐藤貞⼀さんは、その跡地に⾃⼒でプレハブを建て、営業を再開した。⼿描きの看板に、⼿作りの仕事道具、⼭の落ち葉や鶏糞を加えた苗床の⼟。⽔は、⼿掘りした井⼾からポンプで汲みあげる。いっぽうで佐藤さんは、⾃らの被災体験を独習した英語で綴り、⾃費出版していた。「The Seed of Hope in the Heart」と題されたその⼀節を朗々と読みあげ、さらに中国語やスペイン語での執筆にも挑戦する。それだけではない。佐藤さんは、地域の津波被害の歴史を調べ、過去の⽂献の記述が、果たして正しいものなのかどうかを⾃⼒で検証していた。その姿は、ロビンソン・クルーソーのようにも、ドン・キホーテのようにも⾒える。な ぜ佐藤さんは不⾃由な外国語で書き続けるのか。誰に、何を伝えようとしているのかーー。

東⽇本⼤震災の被災体験を、独習した外国語で綴り⾃費出版する佐藤貞⼀さんを写したドキュメンタリー。監督は、震災後に東京から陸前⾼⽥に移り住み、刻⼀刻と変わる町の⾵景と、そこで出会った⼈々の営みを記録してきた映像作家・⼩森はるか。

監督:⼩森はるか、出演:佐藤貞⼀