生きる街

夏木マリ10年ぶりの主演作 宮城県石巻を舞台に描くヒューマンドラマ

生きる街

生きる街

2018年 日本 124分

監督:

榊英雄

配給:

アークエンタテインメント/太秦

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://www.ikirumachi.com/

公開日:2018-03-03

2018年3月3日(土)より新宿武蔵野館、ユーロスペース、イオンシネマ石巻ほか全国順次ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

生まれ育った海沿いの町で、漁師の夫、2人の子どもと幸せに過ごしていた佐藤千恵子(夏木)の暮らしは、2011年3月11日に一変。津波に流された夫は帰って来ない。それでもいつか夫が戻って来ると信じて、千恵子は地元を離れずに生きている。しかし、あの日を境に、今は離れて暮らす子供たちもまた癒えない傷を抱えていた。被災のトラウマから子供を持つことを恐れる娘の香苗(佐津川)と、何でも震災のせいにして人生から逃げる息子の哲也(堀井)。そんな家族の前に、かつて同じ町に住んでいたドヒョン(イ・ジョンヒョン)が韓国からある人の手紙を持ってやって来る。手紙に託された想いに触れたとき、止まっていた家族の時間がゆっくりと動き出すのだった──。

宮城県石巻市を舞台に、「家族」と「故郷」が持つあたり前の普遍的な価値、「生きる」「生き続ける」とは何かを問う珠玉のヒューマンドラマ。主人公・千恵子に、本作が10年ぶりの主演作となる夏木マリ。千恵子を見守る豪華出演陣に、岡野真也、石田法嗣、小柳友、ラサール石井、斎藤工、内田理央、新津ちせ、菅原大吉、石倉三郎(写真の出演)、仲間由紀恵(声の出演)、原日出子、升毅。物語のキーマン、ドヒョンを韓国の実力派ロックバンド「CNBLUE」のギター兼ボーカル、イ・ジョンヒョンが演じる。メガホンを撮ったのは、俳優の顔を持ちながら『捨てがたき人々』『木屋町DMARUMA』『アリーキャット』など異色の長編映画を数多く手掛ける榊英雄。

監督:榊英雄、出演:夏木マリ,佐津川愛美,堀井新太

予告編・特報