生きてるだけで、愛。

趣里×菅田将暉共演、本谷有希子の傑作小説を映画化したラブストーリー

生きてるだけで、愛。

生きてるだけで、愛。

2018年 109分

監督:

関根光才

配給:

クロックワークス

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://ikiai.jp

公開日:2018-11-09

2018年11月9日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

過眠症で引きこもり状態な上に、自分をコントロールできず理不尽な感情にさいなまれる寧子(趣里)と、出版社でゴシップ記事の執筆に明け暮れるも、やりがいを感じられずに日々をやり過ごす津奈木(菅田)。3年に渡り同棲生活を送っている二人だが、寧子はたびたび津奈木に感情をぶつけ、対する津奈木は怒りもしなければ喧嘩に発展することすらない。そんな態度がむしろ寧子を苛立たせるが、二人は互いに自分の思いを言葉で伝える術を持っていなかった。そこへ津奈木の元カノ安堂(仲)が現れたことから、寧子自身や津奈木との関係にも大きな変化が起こるが─。

映画化もされた「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」「乱暴と待機」の原作者で、「異類婚姻譚」で第154回芥川賞を受賞した本谷有希子の、芥川賞・三島賞候補作となった傑作小説を映画化。周囲となじめず人との関わりを避けてきた主人公が、自分の居場所を見つけようと必死に生きる姿を、情感豊かに、時にユーモラスに描く。主人公・寧子役に趣里。寧子の恋人・津奈木役に菅田将暉。津奈木の元恋人で寧子に津奈木と別れるよう執拗に迫る安堂役に仲里依紗。ほかに田中哲司、西田尚美、織田梨沙、松重豊、石橋静河らが脇を固める。監督は、企業CMやアーティストのMVなどを手掛け、今作が長編初監督となる映像ディレクター・関根光才。

監督:関根光才、出演:趣里,菅田将暉,田中哲司

予告編・特報