いのちの深呼吸

エミー賞受賞監督が、自殺防止活動に取り組む僧侶を追ったドキュメンタリー

いのちの深呼吸

いのちの深呼吸

2017年 アメリカ 87分

出演:

根本一徹

配給:

パンドラ

ジャンル:

ドキュメンタリー

公開日:2018-09-08

2018年9月8日(土)よりポレポレ東中野にて公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

岐阜県。大禅寺の住職、根本一徹のもとには、全国の自殺志願者からのSOSが昼夜問わずに届く。日常生活で徹底的に追いつめられ、誰も頼れない彼らのもとに根本は駆けつけるが、特別なことはしない。じっと話を聞き、一緒に食事をしたりして、さりげなく寄り添うだけだ。それでも彼らは根本の存在に安堵し、いのちの深呼吸をするように、少しずつ生気を取り戻す……。根本も身近な人間を自殺で亡くしていた。心臓に病魔を抱えながら、大量のメールや電話に心身は限界にきていた。いったい何が、彼を突き動かしているのか――。

デビュー作「After Tiller」(2013年・Martha Shane共同監督)でエミー賞を受賞した女性監督ラナ・ウィルソンが、雑誌「The New Yorker」に掲載された自殺防止活動に取り組む僧侶・根本一徹の存在に魅了され、日本を訪れ3年半にわたって撮影を敢行。根本の日常を通して、アメリカ人である監督が日本社会の<現実>を浮き彫りにしていくドキュメンタリー。

監督:ラナ・ウィルソン、出演:根本一徹

予告編・特報