祈りの幕が下りる時

阿部寛主演「新参者」シリーズ完結編 加賀恭一郎自身の“最大の謎”に迫る

祈りの幕が下りる時

祈りの幕が下りる時

2017年 日本

監督:

福澤克雄

配給:

東宝

ジャンル:

サスペンス/ミステリー

公開日:2018-01-27

2018年1月27日全国東宝系にてロードショー

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。被害者は、ハウスクリーニングの会社で働く滋賀県在住の押谷道子。殺害現場となったアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっていた。松宮(溝端)たち警視庁捜査一課の刑事たちが捜査にあたるが、押谷道子と越川睦夫の接点が全く見つからず、捜査が難航する。滋賀在住の押谷が何故東京で殺されたのか。やがて捜査線上に浮かびあがる女性演出家・浅居博美(松嶋)。押谷は浅居博美を訪ねて東京に来たことがわかるが、浅居博美と越川睦夫の間にも接点がなく、捜査は進展しない。松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、捜査を進めるうちにその遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることを発見する。その事実を知った加賀恭一郎(阿部)は激しく動揺する。それは失踪した加賀の母に繋がっていた。

2010年4月に連続ドラマとしてスタートし、2本のスペシャルドラマと映画『麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜』など人気シリーズとなった、東野圭吾原作の「新参者」シリーズ。阿部寛演じる日本橋署に異動してきた刑事・加賀恭一郎の類稀なる推理力で様々な事件が解決されているものの、未だ明かされていない謎——彼が日本橋に留まる理由。父との確執、そして母の失踪——加賀自身における“最大の謎”が、本作で明らかになり、ついに「新参者」シリーズが感動のフィナーレを迎える。主演の阿部寛をはじめ、溝端淳平、田中麗奈、山崎努らが続投するほか、事件の鍵を握る美しき舞台演出家・浅居博美役を松嶋菜々子が演じる。監督は「半沢直樹」、『私は貝になりたい』を手掛けた福澤克雄。

監督:福澤克雄、出演:阿部寛,松嶋菜々子,溝端淳平

予告編・特報