聯合艦隊司令長官 山本五十六

真珠湾攻撃作戦を立案し、指揮を執った男の知られざる「真実」に迫る歴史超大作

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-【愛蔵版】 (初回限定生産) [Blu-ray]

聯合艦隊司令長官 山本五十六

2011年 日本 144分

監督:

成島出

配給:

東映

ジャンル:

史劇/戦争

公式サイト:

http://isoroku.jp/

公開日:2011-12-23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1939年夏。「日独伊三国同盟」締結の声に日本は大きく揺れていた。それを強硬に主張する陸軍、マスコミ、そして国民。しかし海軍大臣米内光政(柄本)、次官山本五十六(役所)、軍務局長井上成美(柳葉)は、その「世論」に敢然と異を唱えた。日本がドイツと手を組めばアメリカとの戦争は避けられず、この国は滅びる…。彼らの命を賭した反対で、三国同盟問題は立ち消えとなるが、欧州でドイツの快進撃が始まり、同盟締結の声が再び沸騰。1940年9月、ついに三国同盟は締結された。そして1年後。太平洋上の空母から飛び立った、日本海軍350機の大攻撃隊がアメリカ太平洋艦隊に襲いかかった。それは戦争に勝つためではなく、一刻も早く終わらせるために、山本五十六が生み出した、苦渋に満ちた作戦だった…。

1941年12月8日。日本海軍による歴史に残る一大奇襲作戦を立案し、指揮を執った男、聯合艦隊司令長官 山本五十六の知られざる「真実」を、半藤一利監修のもと、真珠湾攻撃、ミッドウェー海戦、ブーゲンビル島上空での非業の死まで、新たなる歴史観でダイナミックに描く超大作。主人公、山本五十六に役所広司。ほかに柄本明、柳葉敏郎、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平、五十嵐隼士、碓井将大らが帝国海軍の軍服に身を包み、強力に“役所長官”を支える。監督は『孤高のメス』の成島出。

監督:成島出、出演:役所広司,玉木宏,柄本明