IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。

スティーヴン・キングの傑作小説が原作の大ヒットホラー『IT/イット』続編

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。

IT CHAPTER TWO 2019年 アメリカ

配給:

ワーナー・ブラザース映画

ジャンル:

ホラー

公式サイト:

http://itthemovie.jp

公開日:2019-11-01

2019年11月1日(金) 全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

子供が消える町に、“それ”は現れる――。小さな田舎町で再び起きた連続児童疾走事件。「COME HOME COME HOME(帰っておいで…)」という“それ”からの不穏なメッセージが届き、幼少時代に“それ”の恐怖から生き延びたルーザーズ・クラブの仲間たちは、27年前に誓った<約束>を果たすために町に戻ることを決意する。だが“それ”は、より変幻自在に姿を変え、彼らを追い詰めていくのだった…。なぜ、その町では子供が消えるのか? なぜ、事件は27年周期で起きるのか?“それ”の正体と目的とは? 果たして、すべてを終わらせることができるのか!?

ホラー作家の“頂点”スティーヴン・キングの傑作小説を原作に、2017年に公開され大ヒットを記録した『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の続編。舞台は前作から27年後。次々と子供たちが消える「連続児童失踪事件」が再び発生し、“ルーザーズ・クラブ”の仲間たちが27年前に誓った<約束>を果たすため町に戻り、IT=“それ”に再び向き合う。主人公・ビル役にジェームズ・マカヴォイ、ベバリー役にジェシカ・チャスティン、リッチー役をビル・ヘイダーが演じるほか、恐怖のピエロ“ペニーワイズ”役にビル・スカルスガルドが続投。監督は、前作を記録的大ヒットに導いたアンディ・ムスキエティ監督。

監督:アンディ・ムスキエティ、出演:ビル・スカルスガルド,ジェームズ・マカヴォイ,ジェシカ・チャスティン

予告編・特報