遺体 明日への十日間

震災犠牲者の遺体の検死・身元確認作業にあたった人々の想いを描いたドラマ

遺体 明日への十日間 [DVD]

遺体 明日への十日間

2012年 日本 105分

監督:

君塚良一

配給:

ファントム・フィルム

ジャンル:

ドラマ

公開日:2013-02-23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

東日本大震災発生後、混乱状況の中、数多くの遺体が発見され、遺体安置所に運び込まれることになった。次々と運び込まれてくる多くの遺体に戸惑う警察関係者や市職員たち。そして遺体の検死作業にあたったのは、地元の医師や歯科医師たちだった。混乱する現場を訪れた一人の男・相葉常夫(西田)は、定年後、地区の民生委員として働いていた。定年前は葬祭関連の仕事についていた。そのため、遺体の扱いにも慣れ、遺族の気持ちや接し方も理解していた。相葉は、数多くの遺体に初めて直面し、動揺している人たちを統率すべく、遺体安置所の世話役として働かせてくれるように、市長に嘆願し、ボランティアとして働くことになった。運び込まれてくる多くの遺体、その遺体、一人一人に優しく語りかける相葉。そんな相葉の姿を見ている市職員たちに、気持ちの変化が起こり始める…。

ジャーナリスト・石井光太原作の壮絶なルポルタージュ本を元に、『誰も守ってくれない』の君塚良一監督が、東日本大震災の内側とその知られざる真実を描いた物語。岩手県・釜石市を舞台に、犠牲者の遺体を搬送し、身元確認作業にあたった人々の戸惑いと葛藤を描いていく。主人公の民生委員・相葉を演じる西田敏行をはじめ、緒形直人、勝地涼、國村隼、酒井若菜、佐藤浩市、佐野史郎、沢村一樹、志田未来、筒井道隆、柳葉敏郎(50音順)ら日本を代表する俳優陣が賛同、後世に遺すべき作品を作り上げた。

監督:君塚良一、出演:西田敏行,緒形直人,勝地涼