偽りなき者

トマス・ヴィンターベア監督。カンヌ国際映画祭で3冠に輝いたヒューマンドラマ

偽りなき者

偽りなき者

JAGTEN / THE HUNT 2012年 デンマーク 115分

配給:

キノフィルムズ

ジャンル:

ドラマ

公開日:2013-03-16

2013年3月16日(土)Bunkamuraル・シネマほかにて全国順次ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

離婚と失業の試練を乗り越え、穏やかな日常を取り戻したかに思えたルーカス(M.ミケルセン)は、ある日、親友テオの娘クララの作り話が元で変質者の烙印を押されてしまう。あるのはクララの証言のみ。無実を証明できる手立ては何もない。クララの言葉を信じ込んだテオや町の住人たちは、身の潔白を説明しようとするルーカスの声に耳を貸そうとせず、ルーカスは仕事も親友も、そして信用も全てを失ってしまう。ルーカスに向けられる憎悪と敵意がますますエスカレートし、真実が深い闇の奥に葬られようとする中、クリスマス・イブがやってきた。無実の人間の誇りと尊厳を失うまいと必死に踏ん張るルーカスは、軽蔑と恐怖が入り混じった住人たちの視線を一身に集めながらも、町の人々が集う教会へと向かった―。

第65回カンヌ国際映画祭で主演男優賞、エキュメニカル審査員賞、ヴァルカン賞を受賞。世間から迫害される理不尽な恐怖と、自らの尊厳を賭けた孤独な戦いの行方を描いた、魂を揺さぶる衝撃のヒューマンドラマ。主人公のルーカスを演じるのは、“北欧の至宝”と謳われる名優マッツ・ミケルセン。本作では、決してぶれることなく無実の主張を貫き、精一杯誇り高くあろうとするルーカスの魂の叫びを渾身の力をこめて熱演する。監督・脚本は、『セレブレーション』『光のほうへ』の名匠トマス・ヴィンターベア。

監督:トマス・ヴィンターベア、出演:マッツ・ミケルセン,トマス・ボー・ラーセン,アニカ・ヴィタコプ