ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏

2000年代のアメリカ文壇に彗星のごとく登場した“美少年作家”の真実の物語

ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏

ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏

JEREMIAH TERMINATOR LEROY 2018年 108分

配給:

ポニーキャニオン

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://jtleroy-movie.jp/

公開日:2020-02-14

2020年2月14日(金)よりシネマカリテ&YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国公開

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

サンフランシスコ。親元を離れたサヴァンナは、兄のパートナーで作家のローラと出会う。ローラは自分の小説をJ・T・リロイという架空の美少年名義で出版、ベストセラーになっていた。そんなローラに頼まれ、最初は遊び半分で男装し、J・Tに扮するサヴァンナ。やがて小説の映画化が決まり、ハリウッドやカンヌで大勢の観衆の前に出るうちに、J・Tとして出会った相手に本気で恋してしまうが……。

アメリカ文壇に彗星のごとく登場し、時代の寵児となった美少年作家J・T・リロイ。映画『サラ、いつわりの祈り』の原作者としても知られる彼は、ふたりの女性が創り上げた架空の人物だった! 2000年代に一大スキャンダルとして報じられたこの驚くべき事件について、初めて J・Tの分身を担ったサヴァンナの視点から映画化。彼女は、なぜローラに言われるがまま数年間もJ・Tを演じ続けたのか?“嘘のような本当の話”が紐解かれる。主人公・サヴァンナ役には、『トワイライト』シリーズ、『チャーリーズ・エンジェル』のクリステン・スチュワート。ローラ役にローラ・ダーン。ほかにダイアン・クルーガー、ジム・スタージェス、コート二ー・ラヴらが脇を固める。監督はガス・ヴァン・サント製作総指揮の作品でデビューを飾った新鋭ジャスティン・ケリー。

監督:ジャスティン・ケリー、出演:クリステン・スチュワート,ローラ・ダーン,ジム・スタージェス

予告編・特報