村上虹郎主演、思いがけず拾った「銃」に魅了されていく大学生を描いたドラマ

銃

2018年 日本 97分

監督:

武正晴

配給:

KATSU-do 太秦

ジャンル:

サスペンス

公開日:2018-11-17

2018年11月17日(土)よりテアトル新宿ほか全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

雨が降りしきる河原で、思いがけず拳銃を拾った大学生の西川トオル。普段は、友人たちと青春を謳歌しているが、その内には魅了された銃への高揚を秘めていた。トオルは、大切に家に保管していた銃を持ち歩いてみることにした。さらに緊張とスリルが増し、彼を満足させた。同じ大学のヨシカワユウコにも興味があるが、やがて銃は彼のなかで圧倒的な存在感を占めていく。そして、突然の刑事の訪問。「次は、人間を撃ちたいと思っているんでしょう?」 次第に精神を追いつめられていくトオルは、あることを決意するが――。

『悪と仮面のルール』『去年の冬、きみと別れ』などの映画化作品でも知られるベストセラー作家・中村文則のデビュー作で、2002年新潮新人賞受賞、英訳版が2016年「ウォール・ストリート・ジャーナル」年間ベストミステリー10冊に選出された「銃」を、奥山和由プロデューサーによる企画・製作、『百円の恋』『嘘八百』の武正晴監督がメガホンをとり映画化。銃を手にし、その魅力に捉われ、且つ支配され、徐々に狂気が満ちていく主人公・西川トオルを村上虹郎が熱演。ヒロイン・ヨシカワユウコには広瀬アリス。トオルを追いつめる刑事には、リリー・フランキー。ほかに日南響子、新垣里沙、岡山天音が脇を固める。

監督:武正晴、出演:村上虹郎,広瀬アリス,日南響子

予告編・特報