十字架

自殺した少年の想いを背負って生きる同級生と両親の20年にわたる心の軌跡

十字架

十字架

2015年 日本 122分

監督:

五十嵐匠

配給:

アイエス・フィールド

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://www.jyujika.jp

公開日:2016-02-06

2016年2月6日(土)有楽町スバル座他全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

中2の秋。“いじめ”を受けていたクラスメートの藤井俊介(通称フジシュン)が自殺した。遺書によって「親友」にされてしまった真田祐(ユウ)。自分の誕生日がフジシュンの命日になってしまった中川小百合(サユ)…。フジシュンの父親は、息子を見殺しにしたユウたち同級生を決して許そうとはしない。そして傷ついた母親は、亡き息子の思い出にすがって命をつなぐ。それぞれがそれぞれに背負ってしまった十字架の重みに葛藤しながら、彼らは人生を歩き始める。果たして赦しはあるのだろうか?そして20年後、たどり着いたところとは?

2010年吉川英治文学賞を受賞した、重松清の同名小説を映画化。自ら命を絶ったひとりの少年の想いを背負って生きる者たちの、20年にわたる心の軌跡の物語。自殺した少年の思いを探りながら人生を歩むユウを演じるのは小出恵介。フジシュンを忘れないことを自分に強いるサユ役には木村文乃。傷つき憔悴し、愛する息子の思い出で命をつなぐ母親役を富田靖子。そして永瀬正敏が、残された家族を守り、怒りを支えに、息子を死に追いやったものと対峙する、寡黙な父親を圧倒的な存在感で体現する。監督は、『HAZAN』『長州ファイブ』の五十嵐匠。

監督:五十嵐匠、出演:小出恵介,木村文乃,富田靖子