“隠れビッチ”やってました。

あらいぴろよのコミックを実写化 “隠れビッチ”のモテテクニックとリアルな本音

“隠れビッチ”やってました。

“隠れビッチ”やってました。

2019年 日本

配給:

キノフィルムズ/木下グループ

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://kakurebitch.jp/

公開日:2019-12-06

2019年12月6日(金)全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

26歳の独身女・ひろみ(佐久間)の趣味&特技は異性にモテること。絶妙のタイミングでのスキンシップや会話術で相手を翻弄し、「好きです」と告白させたら即フェイドアウト。そんなひろみに、シェアハウス仲間のコジ(村上)と彩(大後)は呆れ顔で「最低の“隠れビッチ”ね!」とたしなめるも、彼女の耳には届かない。ある日、気になるお相手・安藤(小関)が現れるが、数年ぶりの負け試合。さらに安藤を本気で好きになっていたことに気づき、ショックを受ける。やけ酒をあおり酔いつぶれているところを、同じ職場の三沢(森山)に目撃される。ひろみは“隠れビッチ”だということを打ち明け、自分の過去と向き合い始める―。

あらいぴろよ氏のコミックエッセイを、『旅猫リポート』の三木康一郎監督により映画化。恋愛のおいしいところだけを楽しんで、カラダの関係は一切お断り。そんな“隠れビッチ”のモテ戦術を面白可笑しく披露しつつも、その裏に潜む現代女性の心の隙間や歪みに寄り添う主人公の成長を描いた物語。主人公のひろみ役には、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」、映画『屍人荘の殺人』の佐久間由衣。ひろみが自分に向き合い、成長するきっかけとなる恋人・三沢には、森山未來。主人公を見守るシェアハウスの仲間で、バイセクシャルのコジ役に村上虹郎、素直に自分の気持ちを伝えられずダメな恋愛を繰り返す女友達・彩を大後寿々花。飾らない笑顔の美容師・安藤を、小関裕太が好演する。

監督:三木康一郎、出演:佐久間由衣,村上虹郎,大後寿々花

予告編・特報