神さまの轍

京都井手町を舞台に、ロードバイクに青春を捧げた若者たちの姿を描いたドラマ

神さまの轍

神さまの轍

2018年 日本

監督:

作道雄

配給:

エレファントハウス

ジャンル:

ドラマ

公開日:2018-03-17

2018年2月24日(土)京都先行公開(イオンシネマ久御山、イオンシネマ高の原、京都シネマ)、3月17日(土)新宿武蔵野館、アップリンク渋谷ほか全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

京都府井手町にある中学校に通う勇利と洋介は、ふとしたきっかけでロードバイクに熱中していく。どこに向かうか見えなくても、無心にペダルを漕ぎ続けることだけが、勇利と洋介にとっての未来であった。数年後、二人は再会する。勇利はプロのロードレーサーとして歩むことを決め、また社会人となった洋介はロードバイクに乗ることさえやめてしまっていた。そこから、二人の人生は大きく変わっていくことになる。やがて、掴んだ夢に挫折してしまう勇利と、自分の夢を見つけることが出来なかった洋介の人生とが、思い出の地、井手町を舞台としたロードレース大会《ツールド KYOTO2019》で交錯する。白熱するロードレースの中、二人の若者が選ぶそれぞれの未来とは──。

ロードバイクに青春を捧げた若者たちの姿を京都井手町を舞台に描いたドラマ。主演は映画『真田十勇士』ドラマ「水戸黄門」の荒井敦史と、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」の岡山天音。さらに、六角精児、津田寛治、阿部進之介らベテラン勢が脇を固め、望月歩と吉沢太陽が主人公の中学生時代を演じる。監督・脚本・企画は、本作が商業映画デビューとなる作道雄。

監督:作道雄、出演:荒井敦史,岡山天音,望月歩

予告編・特報