KANO 1931海の向こうの甲子園

日本統治時代の台湾から甲子園に出場した伝説のチームの活躍を描く感動実話

KANO ~1931 海の向こうの甲子園~ [DVD]

KANO 1931海の向こうの甲子園

2014年 台湾 185分

配給:

ショウゲート

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://kano1931.com

公開日:2015-01-24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1929年に誕生した日本人、台湾人、台湾原住民による嘉義農林野球部が、新任監督の近藤兵太郎を迎え、スパルタ式訓練で「甲子園進出」を目指すことになった。近藤の鬼のような特訓を受け、連敗続きだった野球部員は、次第に勝利への強い想いが沸き上がり、甲子園出場の夢を抱くようになっていく。そしてついに1931年、台湾予選大会で連勝を続け、常勝チームだった台北商業を打ち負かして、南部の学校で初めて台湾代表大会での優勝。台湾代表チームとして、日本への遠征へと赴く。夏の甲子園で戦った嘉義農林チームの、一球たりとも諦めないプレイは、5万5千人の大観衆の胸を掴み、嘉農の躍進の話題は次第に日本中に広まっていった…。

日本統治時代の台湾から甲子園に出場し、決勝まで勝ち進んだ伝説のチーム「KANO」(嘉義農林学校野球部)感動実話を映画化。『海角七号 君想う、国境の南』『セデック・バレ』のウェイ・ダーションがプロデューサーを務め、『セデック・バレ』に出演していたマー・ジーシアンがメガホンをとり、監督として長編デビュー。主演は、野球部監督・近藤兵太郎役の永瀬正敏。さらに、台湾の農業発展に大きな貢献をした水利技術者・八田與一役に大沢たかお、近藤兵太郎の妻役に坂井真紀ら、日本人キャストが主要キャストとして出演。台湾では空前の大ヒットを記録し、金馬奨では永瀬正敏が日本人初となる主演男優賞にノミネートされたほか主要6部門でノミネートされ、観客賞・国際映画批評家連盟賞を受賞するなど高い評価を受けた。

監督:マー・ジーシアン、出演:永瀬正敏,坂井真紀,ツァオ・ヨウニン