彼女の人生は間違いじゃない

『ヴァイブレータ』廣木隆一監督が、自らの処女小説を基に映画化した人間ドラマ

彼女の人生は間違いじゃない

彼女の人生は間違いじゃない

2017年 日本

監督:

廣木隆一

配給:

ギャガ

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://gaga.ne.jp/kanojo/

公開日:2017-07-15

2017年7月15日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

福島県内の市役所に勤め、週末になると高速バスで渋谷に向かい、円山町でデリヘルのアルバイトをする金沢みゆき(瀧内)。仮設住宅に暮らす父は、酒を飲みながら亡き母との思い出話ばかりを繰り返す。田圃は汚染され、農業はできず、生きる目的を見失った父は、保証金をパチンコにつぎ込む毎日を送っていた。みゆきはそんな父をなじり、腹立ちまぎれに家を出て行くが、こんな時に気が晴れる場所などどこにもなかった。もう一人、みゆきと同じようにもがく男がいる。市役所の同僚の勇人(柄本)だ。東京から来た女子大生に、被災地の今を卒論のテーマにするからと、あの日からのことを“取材”されるが、家族がバラバラになった勇人は、言葉に詰まってほとんど答えられない。週末になると東京へと通うみゆきの日々に、変化が訪れる。みゆきが働くデリヘルの従業員・三浦(高良)が突然、店を辞めたのだ。みゆきは三浦がいると聞いた、ある意外な場所を訪ねるのだが──。

『さよなら歌舞伎町』『ヴァイブレータ』の廣木隆一監督が、どうしても描きたかったという自らの処女小説の映画化。出身地である福島を舞台に、もがきぶつかり合いながらも光を探そうとする人々を描く。主人公みゆきという体当たりの難しい役どころに全力で挑んだのは、「日本で一番悪い奴ら」の瀧内公美。亡き妻を今も慕うみゆきの父親には光石研。素性を隠すデリヘルの従業員・三浦に高良健吾。みゆきの同僚で市役所職員を柄本時生が演じる。

監督:廣木隆一、出演:瀧内公美,光石研,高良健吾

予告編・特報