身体を売ったらサヨウナラ

新聞記者でAV女優だった実体験を綴った鈴木涼美の著書を映画化

身体を売ったらサヨウナラ [DVD]

身体を売ったらサヨウナラ

2017年 日本 89分

監督:

内田英治

配給:

エクセレントフィルムズ

ジャンル:

ドラマ

公開日:2017-07-01
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

鈴木リョウコ(柴田)、29歳。有名大学から東大大学院修士課程を経て、某経済新聞社で記者を務めた、いわゆる超エリート。そんなハイスペックな彼女には、大学在学中にAVに出演したという過去があった。そんなに頑張らなくたって有名大学に入れる知能とコンプレックスなしで十分生きられる美貌を持って生まれ、日本を代表する新聞社に勤め、昼の世界の私は間違いなく幸せ。でもそれだけじゃ退屈で、友人のケイコ(内田)、ユカ(冨手)と、権力と金力を持つ彼氏・光ちゃん(原田)とホスト通いに明け暮れる日々を過ごしていた。それでも何故か満たされなくて、売れないミュージシャンの彼氏・玲(久保田)と爽やかな恋もする。女の身体は何度でも売れると呟きながら、心の拠り所を求めて、どこか手探りする自分がいる。昼と夜の世界で矛盾しまくりながら、それでも幸せになりたいと願う、一人の女の物語。

新聞記者でありながら元AV女優だった過去を暴露された実体験をつづった鈴木涼美の同名著書を映画化。ちょっとスリリングで、ともすればシリアスになりがちな主人公リョウコの波乱万丈な日々を、現在活躍中のAV女優、AV監督、スカウトマン達のインタビュー映像を交えて描く異色のドラマ。主人公・リョウコ役に柴田千紘。小西キスをはじめ、久保田悠来、内田慈、品川裕(特別出演)ら個性派キャスト陣が枠を固めるほか、希島あいり、川上奈々美といった現役のAV女優達も出演する。監督は『下衆の愛』「獣道」の内田英治。

監督:内田英治、出演:柴田千紘,小西キス,久保田悠来

予告編・特報