累 かさね

土屋太鳳×芳根京子W主演、松浦だるまの原作を映画化した愛憎劇

累 かさね

累 かさね

2018年 日本

監督:

佐藤祐市

配給:

東宝

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://kasane-movie.jp/

公開日:2018-09-07

2018年9月7日全国東宝系にてロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

幼い頃より自分の醜い容姿に劣等感を抱いてきた女・累。今は亡き伝説の女優・淵透世を母に持ち、母親ゆずりの天才的な演技力を持ちながらも、母とは似ても似つかない容姿に周囲からも孤立して生きてきた。そんな彼女に母が唯一遺した1本の口紅。それは、キスした相手の<顔>を奪い取ることができる不思議な力を秘めていたー。ある日、累の前に、母を知る一人の男・元舞台演出家の羽生田が現れる。累は羽生田の紹介で、圧倒的な“美”を持つ女・ニナと出会う。ニナはその美しい容姿に恵まれながらも、ある秘密を抱え、舞台女優として花開かずにいた。 母ゆずりの“天才的な演技力”を持つ累と、“恵まれた美しさ”を持つニナ。運命に導かれるように出会い、“美貌”と“才能”という、お互いの欲望が一致した二人は、口紅の力を使って顔を入れ替える決断をする。累の“演技力”とニナの“美しさ”。どちらも兼ね備えた“完璧な女優”丹沢ニナは、一躍脚光を浴び始め、二人の欲求は満たされていく。しかし、累とニナ、二人がともに恋に落ちた新進気鋭の演出家・烏合が手掛ける大作舞台への主演が決まり、それぞれの欲望と嫉妬心が抑えられなくなっていく—。

松浦だるま原作、既刊13巻で累計220万部を突破するベストセラーコミックを映画化。主人公の“醜い”累と、“美しき”ニナを、土屋太鳳と芳根京子の二人が鬼気迫る演技でそれぞれ1人2役 =2人1役を演じる。累とニナがともに想いを寄せる新進気鋭の舞台演出家・烏合には、関ジャニ∞の横山裕。累の母で伝説の大女優・透世役に檀れい。そして、累とニナを引き合わせる物語のカギを握る謎の男・羽生田を浅野忠信が演じる。監督は、『ストロベリーナイト』『キサラギ』の佐藤祐市。

監督:佐藤祐市、出演:土屋太鳳,芳根京子,横山裕

予告編・特報