風に立つライオン

さだまさしの同名楽曲を、大沢たかお主演×三池崇史監督で映画化

風に立つライオン

風に立つライオン

2015年 日本

監督:

三池崇史

配給:

東宝

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://kaze-lion.com/

公開日:2015-03-14

2015年3月14日(土)全国東宝系にてロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1987年、大学病院からケニアの研究施設に派遣された日本人医師・航一郎(大沢)は、派遣先の赤十字病院で、麻薬を注射され戦場に立たされた少年兵たちを知り、この病院への転籍を志願する。過酷な状況ながらも生き生きと働く航一郎は、医療団からの信頼も厚かった。一方、同病院に看護師として派遣されてきた和歌子(石原)は、確かなスキルと手際の良さで、航一郎と時折ぶつかりあいながらも互いに認め合っていく。そして、心に傷を抱えた少年たちを「オッケー、ダイジョブ」と温かく包み込む航一郎は、いつしか少年たちの良き友であり、師となっていた。そんなある日、病院に少年兵・ンドゥングが担ぎ込まれる。 彼は銃傷よりも、両親を目の前で惨殺され、麻薬でかき消された心の傷が甚大だった。航一郎は、そんな彼の心の闇に真正面から向かっていくのだが…

アフリカ・ケニアで巡回医療に携わった実在の日本人医師をモデルに作られた、さだまさしの同名楽曲を映画化。遠い祖国への想いを胸にケニアでの医療に従事し、心に傷を負った元少年兵とまっすぐに向き合う主人公の医師・航一郎を大沢たかお。ケニアで懸命に働く航一郎を支える看護師・和歌子役に石原さとみ。そして、航一郎が日本に残してきた恋人・貴子役を真木よう子が演じるほか、萩原聖人、鈴木亮平、石橋蓮司など、実力派俳優が集結する。監督は、鬼才・三池崇史監督。

監督:三池崇史、出演:大沢たかお,石原さとみ,真木よう子