かぞくのくに

25年ぶりに北朝鮮から一時帰国した兄と、彼を迎える家族の絆を綴る人間ドラマ

かぞくのくに

かぞくのくに

2012年 日本 100分

配給:

スターサンズ

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://kazokunokuni.com/

公開日:2012-08-04

2012年8月4日(土)、東京・テアトル新宿、大阪・テアトル梅田ほか全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

ある夏、在日朝鮮人2世のリエ(安藤)は、10歳年上の兄ソンホ(井浦)の帰国を心待ちにしていた。ソンホは70年代に“帰国事業”によって朝鮮に移住していたが、病気の治療のために3か月間だけの帰国許可を得て25年ぶりに日本に帰ってくる。久々に家族が揃った日々。リエはソンホの朝鮮での暮らしぶりがいかに厳しいかを目のあたりにする。当時16才だったソンホが残してきた大切な人達は家族だけではなかった。青春期を共に過ごした懐かしい仲間たち、初恋の相手スニとも再会する。親友の久々の帰郷に、それぞれの複雑な想いが交錯する。失われた25年の歳月が、家族、そして周囲の人たちにもたらしたものとは――。

『ディア・ピョンヤン』のヤン・ヨンヒ監督の実際の体験をヒントに完全オリジナル脚本として書き上げた、劇映画デビュー作。1950年代から始まった北朝鮮への帰国事業を背景に、病気治療のために25年ぶりに北朝鮮から一時帰国した兄ソンホと、彼を迎える妹リエら家族の姿を通し、価値観の違いと変わらぬ家族の絆を綴っていく人間ドラマ。妹リエ役には、『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の安藤サクラ。兄ソンホ役に、空気人形』の井浦新(ARATA)。北朝鮮からの監視人として、ソンホと共に日本にやってきたヤン同志役を『息もできない』のヤン・イクチュンが演じる。

監督:ヤン・ヨンヒ、出演:安藤サクラ,井浦新,ヤン・イクチュン