家族X

深い孤独感を募らせ破綻していく主婦とその家族の姿を映し出したドラマ

家族X

家族X

2010年 日本 90分

監督:

吉田光希

配給:

ユーロスペース+ぴあ

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://www.kazoku-x.com/

公開日:2011-09-24

2011年9月24日(土)ユーロスペースにて ロードショー!(全国順次)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

東京郊外の新興住宅地。橋本家の主婦・路子(南)は、朝の勤行のように、今日も洗濯物を干し、夫・健一(田口)のワイシャツを用意し、テーブルクロスを入念に整える。完璧なまでに殺菌されたような、塵ひとつ落ちていないダイニングとリビング。彼女が日々寸分の狂いもなく配膳する食卓は、寸分の狂いもないがゆえに家族の息吹がふきこまれることはない。健一は、路子との会話を避けるように無言で出社していくが、会社でも戦力外を通知され、行き場がない。息子・宏明(郭)はアルバイトに明け暮れ、朝帰りもしばしばである。互いに孤立したまま本音で向き合うことのない橋本家は、最初に路子がバランスを失ったことで傾き、大きな渦に呑み込まれていく…。

在宅介護の日常を描いた自主製作映画『症例X』で、ロカルノ映画祭をはじめ各国の映画祭へ招待された新鋭・吉田光希監督の劇場デビュー作となる、第20回PFFスカラシップ作品。ごく平凡な主婦が、次第に孤独に苛まれていくことで破綻するさまを静かに映し出し、家族のありようを描いていく。主人公の路子に『ジーン・ワルツ』の南果歩、夫・健一に『色即ぜねれいしょん』の田口トモロヲ、息子・宏明に『花とアリス』『心中天使』の郭智博があたる。

監督:吉田光希、出演:南果歩,田口トモロヲ,郭智博