軽蔑

中上健次の最後の長編を初映像化。壮絶な純愛を描いたラブストーリー

軽蔑 ディレクターズ・カット [DVD]

軽蔑

2011年 日本 145分

監督:

廣木隆一

配給:

角川映画

ジャンル:

ラブロマンス

公式サイト:

http://www.keibetsu.jp/

公開日:2011-06-04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

名家の一人息子として生まれながら、上京して賭博に明け暮れるカズ(高良)。新宿歌舞伎町のポールダンスバーでナンバーワンの踊り子・真知子(鈴木杏)。熱烈に魅かれあった二人は、カズの故郷に帰って新しい生活を始めるが、父親の一幸(小林)をはじめ、周囲は二人の関係を認めようとしない。引き裂かれる想いで東京へ去る真知子。やがてカズは高利貸しの山畑(大森)の金で賭博に身をやつす。そして山畑は、借金の帳消しと引き換えに真知子を要求する…。

『ヴァイブレータ』で世界中の映画祭にて評価された廣木隆一監督が、異端の無頼派・中上健次の最後の長編を初映像化。『ソラニン』の高良健吾、『花とアリス』の鈴木杏のW主演により、純粋で不器用な、愛し合うがゆえに引き裂かれていく、壮絶な純愛を描いたラブストーリー。

監督:廣木隆一、出演:高良健吾,鈴木杏,大森南朋