サービス終了のお知らせ
シネマトリビューンは、2021年3月31日を持ちましてサービスを終了いたしました。


これまでご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

ケンとカズ

覚醒剤密売をテーマに描く、裏社会でしか生きられない男たちの哀しすぎる運命

ケンとカズ [DVD]

ケンとカズ

2016年 日本 96分

監督:

小路紘史

配給:

太秦

ジャンル:

ドラマ/バイオレンス

公式サイト:

公開日:2016-07-30
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

高校からの腐れ縁のケンとカズは、自動車修理工場で働きながら覚醒剤の密売をして金を稼いでいた。ケンは恋人の早紀が妊娠したのを機に、汚れた人生を捨てて、早紀と子供と一緒に人生を再スタートしようと考えるが、カズには言えずにいた。一方のカズは、認知症の母親を施設に入れる為金が必要なことを言えずにいた。そんな時、ケンが覚醒剤の密売中に敵対グループに襲われてしまう。2人はけりをつけるため敵対グループと会合を組むが、そこで ケンはカズが元締を裏切り敵対グループに乗り換えようしていることに気づく。 自分は手を引くとカズに告げるケン。しかし、カズはケンを決して離さない。仕方なくこれを最後の仕事にしようと決意したケンだったが、元締めのヤクザに目をつけられ次第に追いつめられていく――。

監督・脚本・編集は『ケンとカズ』が長編デビューとなる小路紘史。海外映画祭で上映を重ねた同名の短編を基に、弱冠27歳にして全員新人のスタッフ・キャストによる自主制作で長編映画化。覚醒剤密売をテーマに、裏社会でしか生きられない男たちの哀しすぎる運命を描き、第28回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に出品され作品賞を受賞した。主人公のケンとカズを、カトウシンスケと毎熊克哉がW主演で演じる。

監督:小路紘史、出演:カトウシンスケ,毎熊克哉,飯島珠奈