蹴る

電動車椅子サッカーに人生をかける選手たちの6年間を追ったドキュメンタリー

蹴る

蹴る

2018年 日本 118分

監督:

中村和彦

配給:

ヨコハマ・フットボール映画祭

ジャンル:

ドキュメンタリー

公式サイト:

https://keru.pictures/

公開日:2019-03-23

2019年3月23日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開/日本語字幕付き、音声ガイド付き上映あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

永岡真理は生まれながらにして難病「SMA(脊髄性筋萎縮症)」を患い、生涯で一度も歩いたことがないが、ひとたび試合が始まれば、華麗かつ激しいプレーで観客を魅了する。東武範は筋ジストロフィーにより、呼吸器が手放せず、食事を摂ることも辛いが、国内でも屈指の実力を誇る。真剣なトレーニング、家族のサポート、自らの障害との折り合い、恋愛模様、そして夢のワールドカップ……。本作は、永岡、東を中心に、電動車椅子サッカーワールドカップを目指す選手達を6年間に渡り追い続けたドキュメンタリー。自らの“足”である電動車椅子を巧みに操り、華麗なフェイント、高度な戦術、強烈なシュートを繰り広げる選手達の姿とともに、日常生活に垣間見せる人生の苦悩や葛藤、恋愛模様、家族のサポート、介助の様子など、その生きざまをも描き出す。監督は、『プライドinブルー』『アイコンタクト』など、障がい者サッカーのドキュメンタリー映画を撮り続けてきた中村和彦。

監督:中村和彦、出演:永岡真理,東武範

予告編・特報