きばいやんせ!私

夏帆主演、本土最南端の町の奇祭のため奮闘する町民たちを描いたヒューマンドラマ

きばいやんせ!私

きばいやんせ!私

2018年 日本

監督:

武正晴

配給:

アイエス・フィールド

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://kibaiyanse.net/

公開日:2019-03-09

2019年3月9日(土)有楽町スバル座ほか全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

不倫騒ぎで週刊誌に叩かれ、今は、番組のMCを降ろされ、左遷された「クソ女」と思われている女子アナのコジタカこと児島貴子(夏帆)。様々な競争や色恋沙汰に疲れ将来を見失っていた。そんな時に、自身が幼い頃に過ごしたことのある南大隅町の「御崎祭り」の取材を命じられる。嫌々ながら、南大隅町に取材の為に戻って来たものの力が入らず、おざなりの取材を続けていた。ところが、この町を必死に盛り上げようとしている畜産業の同級生、橋脇太郎(太賀)、役場の職員達、食堂で働く人や町民らが1300年続く「御崎祭り」を続ける為に奮闘していることに触れ、仕事との向き合い方とは何か、生きるとはどういう事かを考え始める。少しずつ自分自身も元気を取り戻し始め、取材に対しても本気になり、この町の伝統文化を伝えたいという使命を感じるようになる。

映画『百円の恋』『嘘八百』の武正晴監督・足立紳脚本コンビが描くヒューマン・ドラマ。不倫騒ぎの末に左遷され、何事にもやる気をなくした女子アナが、取材先の鹿児島県肝属郡南大隅町で「御崎祭り」を続ける為に奮闘する町民に触れ成長していく姿を描く。主人公の女子アナウンサー児島貴子役に夏帆。貴子の町の案内役を託された畜産業で働く、ぶっきらぼうな橋脇太郎役に太賀。その他、ホテルマンの洋平役に岡山天音、町役場の担当者でおしゃべりが止まらぬ田村役に坂田聡、ご当地映画を企画している妙に調子の良い映画プロデューサー鏑木役に鶴見辰吾、食堂店主のユリ役に南大隅町出身の愛華みれ、人の良さそうな町長役に鹿児島県出身の榎木孝明、「御崎祭り」奉賛会の牛牧会長役に伊吹吾郎らの豪華な出演陣が脇を固める。

監督:武正晴、出演:夏帆,太賀,岡山天音

予告編・特報