君は月夜に光り輝く

永野芽郁&北村匠海共演、叶えられない願いの「代行」を描いた青春純愛映画

君は月夜に光り輝く

君は月夜に光り輝く

2018年 日本

監督:

月川翔

配給:

東宝

ジャンル:

青春/ラブロマンス

公式サイト:

https://kimitsuki.jp/

公開日:2019-03-15

2019年3月15日全国東宝系にてロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

高校生の岡田卓也(北村)はクラスの寄せ書きを届けるため行った病院で、入院中の同級生・渡良瀬まみず (永野)と出会う。 明るく振舞う彼女が患う病気は“不治の病・発光病”。細胞異常により皮膚が発光し、その光は死が近づくにつれて強くなるという。そして、成人するまで生存した者はいない———。卓也は病院から出ることを許されないまみずの“叶えられない願い”を代わりに実行し、その感想を伝える【代行体験】を行うことに。代行体験を重ねるごとに、まみずは人生の楽しみを覚え、卓也は彼女に惹かれていく。しかしその反面、迫りくる死の恐怖が2人を襲う。そして卓也に隠された”ある過去”を呼び覚ます。 命の輝きが消えるその瞬間。 まみずが卓也に託した最期の代行体験とは———。

第23回電撃小説大賞(KADOKAWA)にて大賞を受賞した佐野徹夜の同名デビュー作を映画化。死期が近づくと体が発光する“発光病”という不治の病を患ったヒロイン・まみずには、朝ドラ「半分、青い」 でその演技力が高く評価された永野芽郁。同級生・卓也役には『君の膵臓をたべたい』でアカデミー賞新人俳優賞を受賞した北村匠海。確実に迫りくる死に向き合いながらも、「人生の質」を求めることを選択し、強く美しく生きる高校生を瑞々しく演じる。その他に甲斐翔真、松本穂香、今田美桜、優香、生田智子、長谷川京子、 及川光博とフレッシュから実力派のキャストまで多彩なメンバーが集結。 監督・脚本を務めるのは『君の膵臓をたべたい』の月川翔。

監督:月川翔、出演:永野芽郁,北村匠海,甲斐翔真

予告編・特報