キングダム

山崎賢人主演、中国・戦国時代を舞台にした歴史エンターテ インメント超大作

キングダム

キングダム

2019年 日本

監督:

佐藤信介

配給:

東宝/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

ジャンル:

アクション/史劇

公開日:2019-04-19

2019年4月19日(金)全国東宝系にてロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

紀元前245年、春秋戦国時代、中華・西方の国「秦」。戦災孤児の信(山崎)と 漂(吉沢)は、 いつか天下の大将軍になることを夢見て日々剣術の鍛練を積んでいた。 ある日、漂は王都の大臣である昌文君(高嶋)によって召し上げられ王宮へ。信と漂の二人は別の道を歩むことになる…。王宮では王の弟・成キョウ(本郷)によるクーデターが勃発。戦いの最中、漂は致命傷を負うが、何とか信のいる納屋にたどり着き、ある地図を信に渡し力尽きる。漂の剣と地図を握りしめ、走る信。たどり着いた先に、信の目に飛び込んできたのは、なんと冷静にたたずむ漂の姿だった!?しかしそこに居たのは、玉座を奪われ、王都を追われた秦の若き王・エイ政(吉沢)だった。エイ政に瓜二つの漂は、彼の身代わりとして命を落としたのだった。激高する信だったが、国を背負うエイ政の強さと漂の意思を受け止め、共に行動することを決意。二人は王宮を奪還するため立ち上がるが…。

紀元前、中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指す若き王・嬴政(エイ政/後の秦の始皇帝)を壮大なスケールで描き、既巻52巻、累計発行部数3600万部超の漫画「キングダム」(原泰久/集英社)を映画化。脚本は原作者・原氏も参加し執筆。監督は、『GANTZ』『図書館戦争』シリーズの佐藤信介。主人公・信役に山崎賢人、若き王・嬴政役に吉沢亮。山の民の美しき王・楊端和に長澤まさみ。河了貂に橋本環奈。秦の六大将軍・王騎には大沢たかお。ほかに本郷奏多、満島真之介 、高嶋政宏、要潤らが共演する。

監督:佐藤信介、出演:山崎賢人,吉沢亮,長澤まさみ

予告編・特報