禁忌

セクシャルマイノリティの禁断の世界を、儚く美しいタッチで描く衝撃作

禁忌

禁忌

2014年 日本 73分

配給:

太秦

ジャンル:

ドラマ

公開日:2014-12-06

2014年12月6日(土)より新宿武蔵野館にてレイトショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

恋人がいながらも女生徒と関係を持つ女子高教師サラ(杉野)はサラの父親・充(佐野)に監禁され性的な関係を持つ少年・望人(太賀)との出会いから自身が少年愛者だと自覚し、望人を犯してしまう。二人は奇妙な共同生活を送るが、サラが望む少年であった望人は次第に成長し少年ではなくなっていってしまう。サラに対する思いを恋と錯覚する望人が少年であり続けるために自らとった行動とは―。

2012年のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭で話題となった『小さなユリと 第一章・夕方の三十分』の和島香太郎が長編初監督し、杉野希妃がプロデュース兼主演を務めた作品。杉野は今作で少年をレイプするという役を体当たりで演じている。『桐島、部活やめるってよ』、『私の男』、杉野作品である『ほとりの朔子』、『マンガ肉と僕』など話題作に多数出演し、注目を集める若手実力派の太賀が少年役を演じる。さらにベテラン俳優・佐野史郎が脇を固め、監禁、レイプ、同性愛、少年愛、セクシャルマイノリティの禁断の世界をモーツァルトの楽曲にのせ、儚く美しいタッチで描く衝撃作。

監督:和島香太郎、出演:杉野希妃,太賀,佐野史郎