寄生獣 完結編

「月刊アフタヌーン」連載の大人気コミックを染谷将太主演で実写映画化

寄生獣 完結編

寄生獣 完結編

2015年 日本

監督:

山崎貴

配給:

東宝

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://www.kiseiju.com

公開日:2015-04-25

2015年4月25日(土)全国東宝系にてロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

右手に寄生生物ミギーを宿す高校生・泉新一は、要注意人物として人間からもパラサイトからもマークされていた。いまや、新一の住む東福山市は、市長・広川を中心に組織化されたパラサイト達が、一大ネットワークを作り上げていた。一方、人間側も、寄生生物殲滅を目的とした対パラサイト特殊部隊を結成。アジトと化した東福山市庁舎に奇襲を仕掛けようとしていた。激化する戦い…。人間の子を産み、人間との共存を模索するパラサイト田宮良子は、新一とミギーの存在に可能性を見出したが、肝心の新一は、母親を殺された事件がきっかけで寄生生物への憎悪を募らせていた。そんな彼らの前に、最強パラサイト・後藤が、その姿を現した。生き残るのは人間かパラサイトか。そして「寄生獣」とはいったい何なのか。新一とミギー、最後の戦いがついに始まる。

1990年より「月刊アフタヌーン」(講談社)に連載され、累計1400万部(2014年12月時点)を突破している大人気コミックを映画化。2014年11月に公開された『寄生獣』の完結編。右手に寄生生物・ミギーを宿した高校生・泉新一の戦いを通して、「人間とはどういう生き物か」「その中で自分はどのように生きるのか」といった根源的テーマを描く。主人公の高校生・新一に染谷将太、ほかに深津絵里、橋本愛ほか名だたる演技派俳優が集結。監督は、大ヒット作『永遠の0』の山崎貴監督。

監督:山崎貴、出演:染谷将太,深津絵里,阿部サダヲ