キセキの葉書

鈴木紗理奈主演、認知症・うつ病の母を笑顔に戻した奇跡の実話を映画化

キセキの葉書

キセキの葉書

2017年 日本 90分

配給:

ミューズ・プランニング

ジャンル:

ドラマ

公開日:2017-11-04

2017年11月4日(土)より渋谷ユーロライブほか全国順次ロードショー

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1995年春、兵庫県西宮市。脳性まひの娘を抱え介護に勤しむ美幸は、先が見えない暗闇を歩いていた。そんななか、郷里の母がうつ病と認知症を併発。「死にたい」という母親に美幸は、毎日母に向けて「くすっ」と笑える日々のネタを絵はがきにして送ることにした。娘から届くはがきは、やがて母の生命のなかで確かな希望の光となり、うつ病と認知症を克服する。

阪神淡路大震災から半年。兵庫県西宮市を舞台に、難病の娘と、認知症とうつ病を併発する母に挟まれながらも、度重なる試練を乗り越え、ひたむきに生きる主人公を描いた、実話に基づく感動作。原作は、フジテレビ系バラエティー番組「エチカの鏡~ココロにキクTV~」でも紹介され、反響を呼んだ「希望のスイッチは、くすっ」(鳳書院)。主人公の美幸役に鈴木紗理奈。母・喜子を赤座美代子が演じる。

監督:ジャッキー・ウー、出演:鈴木紗理奈,申芳夫,八日市屋天満

予告編・特報