清須会議

信長の後継者は誰?三谷幸喜 原作・脚本・監督による歴史エンタテインメント

清須会議 Blu-ray スタンダード・エディション

清須会議

2013年 日本 138分

監督:

三谷幸喜

配給:

東宝

ジャンル:

時代劇

公式サイト:

http://www.kiyosukaigi.com

公開日:2013-11-09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

天正10年、本能寺の変。一代の英雄織田信長が死んだ—。跡を継ぐのは誰か? 後見に名乗りを上げたのは2人。筆頭家老・柴田勝家(役所)と後の豊臣秀吉・羽柴秀吉(大泉)。勝家は、信長の三男でしっかり者の信孝(坂東)を、秀吉は、次男で大うつけ者と噂される信雄(妻夫木)を、それぞれ信長の後継者として推す。勝家、秀吉がともに思いを寄せる信長の妹・お市様(鈴木)は、秀吉への恨みから勝家に肩入れ。一方、秀吉は、軍師・黒田官兵衛(寺島)の策で、信長の弟・三十郎信包(伊勢谷)を味方に付け、妻・寧(中谷)の内助の功もあり、家臣たちの心を掴んでいく。そして、開かれる清須会議—。会議に出席したのは4人。勝家、秀吉に加え、勝家の盟友であり参謀的存在の丹羽長秀(小日向)、立場を曖昧にして、強い方に付こうと画策する池田恒興(佐藤)。繰り広げられる一進一退の頭脳戦。様々な駆け引きの中で騙し騙され、取り巻く全ての人々の思惑が猛烈に絡み合う…。

三谷幸喜が17年ぶりに書き下ろした小説を原作としつつ、小説とは全く違ったアプローチで映画化した、三谷監督初の時代劇。織田信長亡き後、織田家の跡継ぎ問題と領地配分を議題に、日本史上初めて“会議の席上で歴史が動いた”と言われる【清須会議】をテーマに、日本映画界を代表する総勢26名の豪華絢爛なキャスト陣を迎え、その時代を必死にそして懸命に生きた人々の可笑しくも愛おしい姿を描く。

監督:三谷幸喜、出演:役所広司,大泉洋,小日向文世