子どもたちをよろしく

『ワルボロ』隅田靖監督作 子どもたちの日常に潜む戦場を鋭く描いたドラマ

子どもたちをよろしく

子どもたちをよろしく

2019年 日本 105分

監督:

隅田靖

配給:

太秦

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://kodomoyoroshiku.com/

公開日:2020-02-29

2020年2月29日(土) ユーロスペースほか全国順次公開

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

東京にほど近い北関東のとある街。デリヘルで働く優樹菜(鎌滝)は、実の母親・妙子(有森)と義父・辰郎(村上)、そして、辰郎の連れ子・稔(杉田)の四人家族。辰郎は酒に酔うと、妙子と稔には暴力、血の繋がらない優樹菜には性暴力を繰り返した。母の妙子は、まったくなす術なく、見てみぬふり。義弟の稔は、父と母に不満を感じながら優樹菜に淡い想いを抱いていた。優樹菜が働くデリヘル「ラブラブ48」で運転手をする貞夫(川瀬)は、妻に逃げられ重度のギャンブル依存症。一人息子・洋一(椿)をほったらかし帰宅するのはいつも深夜。洋一は暗く狭い部屋の中、帰ることのない母を待ち続けていた。稔と洋一は、同じ学校に通う中学二年生。もとは仲の良い二人だったが、洋一は稔たちのグループからいじめの標的にされていた。ある日、稔は家の中で、デリヘルの名刺を拾う。姉の仕事に疑問を抱いた稔は、自分も洋一と同じ、いじめられる側になってしまうのではないかと、一人怯えるようになる。稔と洋一、そして優樹菜。家族ナシ。友だちナシ。家ナシ。居場所をなくした彼らがとった行動とは――

子どもたちを取り巻く社会に瀰漫する闇をあぶりだしたドラマ。主人公・優樹菜役にに抜擢されたのは園子温監督によるNetFlix映画『愛なき森で叫べ』の鎌滝えり。優樹菜の母・妙子役に有森也実。義父・辰郎役に村上淳。義弟・稔役に杉田雷麟。優樹菜が働くデリヘルの運転手を川瀬陽太が演じる。監督・脚本は、『ワルボロ』の隅田靖。

監督:隅田靖、出演:鎌滝えり,杉田雷麟,椿三期

予告編・特報