鯉のはなシアター

チュートリアル徳井義実主演 広島カープの珠玉秘話を映像化したシネドラマ

鯉のはなシアター

鯉のはなシアター

2018年 日本

監督:

時川英之

ジャンル:

ドラマ

公開日:2018-12-08

2018年12月8日(土)よりシネ・リーブル池袋にて公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

東京で夢破れ、故郷の広島に戻ってきた奥崎愛実は人生に迷っていた。祖父の経営する映画館は経営難でもうすぐ閉館するという。「万策尽きた」と諦めている人々の前に、徳澤という不思議な男が現れる。彼は自信たっぷりに語り始める。「昔のカープはお金がなくても知恵を絞って生き残ってきた。」そして広島カープの昔話を出しながら映画館復興の様々なアイデアを提案する。突拍子もない提案に困惑する愛実と商店街の人々だが、彼が語る知られざるカープの珠玉のエピソードに驚きを隠せない。戦後、スポンサーを持たぬ貧乏市民球団であった広島カープは、それまで誰も考えなかったアイデアを絞り出し、何度も危機を乗り越えて成長していった。昔のカープ秘話をもとに試行錯誤し始める商店街の人々。映画館に少し活気が戻ってきたかのように思えた頃、突然、謎の男 徳澤が姿をくらませる。あきれかえる愛実たちだが、次第に彼が来た本当の理由が明らかになる。そしてカープが25年ぶりの優勝に向かう広島の街にドラマが起こり始める。

放送作家、桝本壮志の小説「鯉のはなシアター」をドラマ化。広島カープの昔のユニークなエピソードと現代劇が織りなす感動の物語。主演に、熱狂的なカープファンで知られるチュートリアルの徳井義実、ヒロインを矢作穂香が演じるほか、八嶋智人、高尾六平、松本裕見子、緒方かな子など多くの広島にゆかりのある出演者が多数参加。監督は広島出身の監督、時川英之。

監督:時川英之、出演:徳井義実,矢作穂香,小越勇輝

予告編・特報