恋妻家宮本

阿部寛&天海祐希共演、大ヒットドラマ脚本家による大人の夫婦の物語

恋妻家宮本

恋妻家宮本

2016年 日本

監督:

遊川和彦

配給:

東宝

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://www.koisaika.jp/

劇場公開日:2017-01-28

2017年1月28日全国東宝系にてロードショー

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

宮本陽平(阿部)と美代子(天海)は、学生時代に合コンで知り合い、卒業と同時に、できちゃった婚。そして、ごく平穏な結婚生活27年を経て、子供の独立の時を迎えていた。夫と妻から、父親と母親という風に形を変えた夫婦生活。理想の夫ではないにしても、浮気もせず、教師としてまじめに働き、きちんと給料を入れる、そんな自分に何の問題もないと、陽平は思っていた。ところが、息子夫婦が福島へ転勤で旅立った日、久々27年振りの二人きりの生活に戸惑い、ふたりとも、ついつい飲みすぎてしまい、妻は飲みつぶれてしまう。そんな夜、陽平は、妻の記入欄がすべて書き込まれて捺印された離婚届を本棚で発見する…。

ドラマ「家政婦のミタ」「女王の教室」「○○妻」「偽装の夫婦」などの気鋭の脚本家・遊川和彦が、自らの脚本で映画監督デビュー。人気作家・重松清の「ファミレス」を原作に、遊川流の大胆な脚色を加え、妻に恋をする“恋妻家”という造語を作って大人の夫婦の物語を描く。宮本家の夫・陽平を阿部寛、その妻・美代子を天海祐希が演じ、ほかに、菅野美穂、相武紗季、工藤阿須加、早見あかり、奥貫薫、佐藤二朗、富司純子といった実力派俳優が脇を固める。

監督:遊川和彦、出演:阿部寛,天海祐希,菅野美穂