渾身 KON-SHIN

隠岐諸島を舞台に、古典相撲を通して島と共に生きようとする家族を描く感動作

渾身 KON-SHIN

渾身 KON-SHIN

2012年 日本

監督:

錦織良成

出演:

伊藤歩青柳翔

配給:

松竹

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://kon-shin.jp/

公開日:2013-01-12

2013年1月5日(土)島根、鳥取先行公開 /1月12日(土)全国公開

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

島に暮らす多美子(伊藤)は、夫の英明(青柳)と、前妻で、亡き親友・麻里の忘れ形見である娘・琴世と幸せに暮らしていた。英明はかつて麻里と駆け落ち同然に島を出たことで親からも勘当されていたが、再び島で生きる事を決意。日々黙々と相撲の稽古に励む。そして20年に一度の遷官相撲大会の日。島に暮らす誰もが大切にしているその相撲大会で、最高位の正三役大関に選ばれた英明は、地区の名誉と、家族への想いを賭けて、ついに土俵に上がる。対戦相手は、島いちばんの実力者。喜びと不安を胸に多美子と琴世、そして英明、それぞれの想いをのせ、生涯一度の大一番の幕が切って落とされる—。

隠岐古典相撲を題材に、『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』の錦織良成監督が描き出す家族のドラマ。主人公の多美子に伊藤歩。古典相撲に挑む夫・英明に今作で映画主演デビューを飾る劇団EXILEの青柳翔。ほかに甲本雅裕、宮崎美子、財前直見、笹野高史、長谷川初範、中村嘉葎雄などベテラン勢が脇を固める。隠岐諸島あげての全面協力のもと、20年に一度の遷宮相撲を完全再現。隠岐諸島出身の現役力士や、地元で相撲に励む若き力士たち、熟練の行司や呼出したちも熱演し、迫力ある相撲シーンを完成させた。

監督:錦織良成、出演:伊藤歩,青柳翔