古都

松雪泰子主演 川端康成の小説をもとに、大人になった主人公たちを描いた物語

古都 [Blu-ray]

古都

2016年 日本 117分

監督:

Yuki Saito

配給:

DLE

ジャンル:

ドラマ

公開日:2016-12-03
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

京都室町に先祖代々続く佐田呉服店。店主の佐田千重子(松雪)は、変わりゆく時代の中で店をどうしていくのか、室町に生まれた宿命を娘の舞(橋本)に背負わせていいものか葛藤の中で生きていた。大学生の舞は、就職活動の時期に差し掛かり、店を継ぐべきなのか迷っていた。一方京都のはずれ、北山杉の里で林業を営む、千重子の生き別れの妹・中田苗子(松雪/二役)もまた深刻な経営悪化に陥っていた。苗子の娘の結衣(成海)はその美術の才能を活かしフランスに留学するが、留学先で他の学生との力の差を感じ、無力感に苛まれていた。それを感じとった苗子は娘に会う為にパリ行きを決意する。呉服屋の娘の舞もパリで開催される日本文化を披露するイベントに参加する為にパリへ向かう事となった。母から娘へ受け継がれる伝統。今、京都の伝統に生きる2組の母娘の人生が初めて交差する—。

1962年に刊行された川端康成の「古都」の現代版として、原作では描かれなかった、大人になった主人公たちの物語として映像化。京都伝統の呉服屋で生きる姉と北山杉の里で働く双子の妹を主演の松雪泰子が一人二役で演じ、それぞれの娘役で橋本愛と成海璃子が共演。その他、蒼れいな、蒼あんな、葉山奨之、栗塚旭、伊原剛志、奥田瑛二らが脇を固める。監督は、ハリウッドで8年映画作りを学び、帰国後CMや短編、連続テレビドラマなどで活躍したYuki Saito。舞台である四季折々の京都、更に着物、茶道、書道、華道などオール京都の全面協力によって、本物の“京都”を描き切る。

監督:Yuki Saito、出演:松雪泰子,橋本愛,成海璃子