クジラのいた夏

野村周平主演、大人になりきれない地方の若者たちを描いた青春ストーリー

クジラのいた夏

クジラのいた夏

2014年 日本 89分

監督:

吉田康弘

配給:

ユナイテッドエンタテインメント

ジャンル:

ドラマ/青春

公開日:2014-05-03

2014年5月3日(土)シネマート新宿・心斎橋ほか全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

目的や夢もなくただ日々生きている地方都市の青年“チューヤ”(野村)が、ふと東京に出ることを決めた。そして地元を離れる最後の日に高校時代からの親友、J“ジェイ”(松島)とギズモ(浜尾)そして町田(松岡)が大送別会を開くことに。過去の想い出にしがみついて、引越しに足踏みしているチューヤに対し、彼らはある提案をする。そんな時、上京し芸能人として活躍しているはずのかつての憧れの先輩、弓子(佐津川)が現れた事で、チューヤの心は揺らぎだす。地元に留まるべきか、離れるべきか…大人になりきれない地方の若者たちの物語がはじまる。

『江ノ島プリズム』の吉田康弘監督が、地方都市に住む4人の若者が抱える悩みを、等身大のキャストを揃え瑞々しいタッチで描き出した青春ストーリー。目的もないまま上京を決める主人公、チューヤに野村周平。チューヤの3人の親友役には、それぞれ舞台や映画などで活躍する松島庄汰、浜尾京介、松岡卓弥が名を連ねる。

監督:吉田康弘、出演:野村周平,松島庄汰,浜尾京介