映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に逝去した黒木和雄監督の“非戦と自由への想い”を紐解くドキュメンタリー

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2016年 日本 91分

監督:

後藤幸一

配給:

パル企画/コピーライツファクトリー

ジャンル:

ドキュメンタリー

公開日:2016-11-19

2016年11月19日(土)~ ユーロスペースモーニングショー

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

『竜馬暗殺』『父と暮せば』『TOMORROW/明日』で知られ、2006年に逝去した映画監督・黒木和雄。『美しい夏キリシマ』をはじめ戦中戦後の市井の人々にフォーカスをあてた、戦争レクイエムと呼ばれる4作品を撮り続けた黒木監督の肉声や作品、同世代の著名人から10代の学生のインタビューを通して、黒木作品に込められた非戦と自由への想いを紐解く。監督は、黒木監督の『祭りの準備』などの助監督を経て、『正午なり』(1978年)で映画監督デビューした後藤幸一監督。

監督:後藤幸一、出演:黒木和雄,澤地久枝,田原総一朗