今日子と修一の場合

東日本大震災を背景に、人生を生き直そうともがく男女の姿を描くドラマ

今日子と修一の場合

今日子と修一の場合

2013年 日本

監督:

奥田瑛二

配給:

彩プロ

ジャンル:

ドラマ

公開日:2013-10-05

2013年10月5日(土)、新宿ピカデリーほか全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

同居している男に言われるままに身も心も搾り取られる生活に甘んじている今日子(安藤)と、母親を助けるために父を殺してしまった修一(柄本)。物語の中でふたりが言葉をかわすことは、ない。それぞれの理由で故郷に戻れなくなってしまった彼らが、過去を清算しながら生きることを誓った東京で、大地震が起きる。テレビではまさに戻れなくなってしまった故郷が、津波にのみ込まれていた…。

奥田瑛二監督第5作目。前作『長い散歩』でモントリオール世界映画祭グランプリを受賞した奥田監督が、震災で心の拠り所をなくした二人の男女を通し、まだ癒えない日本の傷跡を生々しくさらしながらも、その再生を力強く謳ったドラマ。主人公の男女に、監督の次女で女優の安藤サクラと、その夫で俳優の柄本佑。

監督:奥田瑛二、出演:安藤サクラ,柄本佑,和田聡宏