教誨師

大杉漣 主演・初プロデュース、教誨師と6人の死刑囚の対話

教誨師

教誨師

2018年 日本 114分

監督:

佐向大

配給:

マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://kyoukaishi-movie.com

公開日:2018-10-06

2018年10月6日(土)より、有楽町スバル座、池袋シネマ・ロサ他にて全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

プロテスタントの牧師、佐伯保。彼は教誨師として月に2回拘置所を訪れ、一癖も二癖もある死刑囚と面会する。無言を貫き、佐伯の問いにも一切応えようとしない鈴木。気のよいヤクザの組長、吉田。年老いたホームレス、進藤。よくしゃべる関西出身の中年女性、野口。面会にも来ない我が子を思い続ける気弱な小川。そして自己中心的な若者、高宮。佐伯は、彼らが自らの罪をしっかりと見つめ、悔い改めることで残り少ない“生”を充実したものにできるよう、そして心安らかに“死”を迎えられるよう、親身になって彼らの話を聞き、聖書の言葉を伝える。しかし、意図せずして相手を怒らせてしまったり、いつまで経っても心を開いてもらえなかったり、苦難の日々が繰り返される。それでも少しずつ死刑囚の心にも変化が見られるものの、高宮だけは常に社会に対する不満をぶちまけ、佐伯に対しても一貫して攻撃的な態度をとり続ける。死刑囚たちと真剣に向き合うことで、長い間封印してきた過去に思いを馳せ、自分の人生とも向き合うようになる佐伯。そんな中、ついにある受刑者に死刑執行の命が下される......

2018年に急逝した俳優・大杉漣、最初のプロデュース作にして最後の主演作。「受刑者に対して道徳心の育成・心の救済につとめ、彼らが改心できるよう導く」教誨師と、6人の死刑囚との対話を描く。佐伯が対話する死刑囚役には、光石研、烏丸せつこ、古館寛治といったベテラン俳優や、本作が映画初出演となる劇団“柿食う客”の玉置玲央。監督・脚本は『休暇』『アブラクサスの祭』の脚本、監督作『ランニング・オン・エンプティ』の佐向大。

監督:佐向大、出演:大杉漣,玉置玲央,烏丸せつこ

予告編・特報