黄色い星の子供たち

ユダヤ人一斉検挙により過酷な運命を生きた子供たちの真実の物語

黄色い星の子供たち [DVD]

黄色い星の子供たち

LA RAFLE 2010年 フランス/ドイツ/ハンガリー 126分

配給:

アルバトロス・フィルム

ジャンル:

ドラマ

公開日:2011-07-23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1942年、ナチス占領下のパリ。ユダヤ人は胸に黄色い星をつけることが義務付けられ、公園や映画館、遊園地への立ち入りが禁じられていた。11歳のジョーと家族や近隣に住むユダヤ人家族は、それでも誇り高く仲睦まじく暮らしていたが、7月16日午前4時、フランス警察によるユダヤ人一斉検挙が始まる。子供も女性も、赤ん坊さえも、1万3,000人ものユダヤ人がヴェル・ディヴ(冬季競輪場)に押し込められ、5日間、水、食料もなく放置された。赤十字から派遣された看護師のアネット(M.ロラン)は、自らも検挙されたシェインバウム医師(J.レノ)とともにヴェル・ディヴの患者の治療にあたるのだが…。

1942年のパリで、フランス政府によって行われたユダヤ人一斉検挙「ヴェル・ディヴ事件」の真実を、家族と引き離された子供たちの視点から描き、昨年本国フランスで大ヒットを記録した感動の実話。一斉検挙された子供たちの中で生き残った数少ない人物の一人、ジョセフ・ヴァイズマンの証言をもとに、元ジャーナリストのローズ・ボッシュ監督が映画化。『イングローリアス・バスターズ』『オーケストラ!』のメラニー・ロランが、子供たちを献身的に守る看護師を熱演する。

監督:ローズ・ボッシュ、出演:メラニー・ロラン,ジャン・レノ,シルヴィー・テスチュー