悪童日記

アゴタ・クリストフの同名ベストセラーを映画化したドラマ

悪童日記

悪童日記

LE GRAND CAHIER 2013年 111分

配給:

アルバトロス・フィルム

ジャンル:

ドラマ

公開日:2014-10-03

2014年10月3日(金)TOHOシネマズシャンテ、新宿シネマカリテ他全国順次ロードショー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

第2次世界大戦末期、双子の「ぼくら」は、小さな町の祖母の農園に疎開する。粗野で不潔で、人々に「魔女」と呼ばれる老婆の下、過酷な日々が始まった。生きるための労働を覚え、聖書と辞書だけで学び、様々な“練習”を自らに課すことで肉体と精神を鍛えていく。そして、目に映った真実だけを克明にノートに記す――。

ハンガリー出身の亡命作家アゴタ・クリストフの傑作ベストセラーを映画化。両親と離れて別世界にやって来た双子の兄弟が、過酷な生活のなかで肉体と精神を鍛え、実体験を頼りに独自の世界観を獲得し、大人も信用できない混沌とした戦時下を彼らのルールで生き抜いていく。主人公の双子の兄弟を新人のアンドラス&ラズロ・ギーマント兄弟、その祖母をハンガリーのベテラン女優ピロシュカ・モルナール、兄弟の父親を『ヒトラー 最期の12日間』のウルリッヒ・マテス、疎開先で出会うドイツ人将校を『ある愛の風景』のウルリッヒ・トムセンが演じる。

監督:ヤーノシュ・サース、出演:アンドラス・ギーマント,ラズロ・ギーマント,ピロシュカ・モルナール