北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ

北朝鮮 meets ライバッハ 奇跡のライブ実施に至るまでを追ったドキュメンタリー

北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ

北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ

LIBERATION DAY 2016年 ノルウェー/ラトビア 100分

配給:

エスパース・サロウ

ジャンル:

ドキュメンタリー

公開日:2018-07-14

2018年7月14日(土)シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

目と鼻の先にありながら、日本にとって近くて遠い国、北朝鮮。金正恩の指揮のもとで文化面にも力を入れる一方で、海外の音楽や映画を厳しく取り締まってきた北朝鮮政府だが、日本の植民地支配から解放されたことを祝う「祖国解放記念日(リベレーション・デイ)」に、北朝鮮政府は初めて海外からロック・バンドを招くことになる。U2?それともザ・ローリング・ストーンズ?どんな大物が招待されるのかと世界が固唾を呑んで見守るなか、招かれたのはスロベニア(旧ユーゴスラビア)出身でカルトな人気を誇るロック・バンド、ライバッハだった!ライバッハはヨーロッパでは北朝鮮なみに“取り扱い注意”なバンド。果たしてライブは無事に行われるのか?!奇跡のライブ実施に至るまで悪戦苦闘の1週間を追ったドキュメンタリー

監督:ウギス・オルテ,モルテン・トローヴィク、出演:ライバッハ

予告編・特報