ぼくと魔法の言葉たち

ディズニー・アニメを通じて奇跡を起こした家族のハートフル・ドキュメンタリー

ぼくと魔法の言葉たち

ぼくと魔法の言葉たち

LIFE, ANIMATED 2016年 アメリカ 91分

配給:

トランスフォーマー

ジャンル:

ドキュメンタリー

劇場公開日:2017-04-08

2017年4月8日(土)より、シネスイッチ銀座他全国順次ロードショー

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

サスカインド家の次男オーウェンは、2歳で言葉を失い、7歳になる頃まで、誰ともコミュニケーションを取れなくなってしまっていた。彼は自閉症と診断され、家族は失意に暮れる。ある日、父のロンはオーウェンが発する意味をなさないモゴモゴとした言葉が、オーウェンが毎日擦り切れるほど観ていたディズニー・アニメ『リトル・マーメイド』に登場するセリフだと気づく。意を決した父は、彼が大好きなディズニー・キャラクターであるオウムのイアーゴになりきって、身を隠して語りかける。「どんな気分?」。すると、まるで魔法のように、オーウェンが言葉を返した!「僕はハッピーじゃない。僕には友達がいないから。」5年ぶりの息子の言葉にこみ上げる涙をこらえながら、イアーゴとしての会話を続ける父。こうして、父と母、そして兄による、ディズニー・アニメを通じた「オーウェンを取り戻す」ための作戦が始まった!

自閉症と診断されながらも、ディズニー・アニメーションから言葉を学びコミュニケーションを取り戻した少年オーウェンと、長い時間をかけオーウェンと向き合い、深い絆で結ばれた家族の姿を描いた奇跡のドキュメンタリー。原作は、オーウェンの父でピュリツァー賞受賞作家のロン・サスカインドの「ディズニー・セラピー 自閉症のわが子が教えてくれたこと」。監督は、父ロンと15年来の親交を持つロジャー・ロス・ウィリアムズ。

監督:ロジャー・ロス・ウィリアムズ、出演:オーウェン・サスカインド,ロン・サスカインド,コーネリア・サスカインド

予告編・特報