ライフ・オン・ザ・ ロングボード 2nd Wave

種子島を舞台に、サーフィンを通して人生の輝きを取り戻していく男の物語

ライフ・オン・ザ・ ロングボード 2nd Wave

ライフ・オン・ザ・ ロングボード 2nd Wave

2018年 日本

監督:

喜多一郎

配給:

NexTone

ジャンル:

ドラマ

公開日:2019-05-31

2019年5月31日(金)より、新宿バルト9、鹿児島ミッテ 10ほか全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

梅原光太郎(吉沢)はサーファーとして一流の腕を持ちながら、いい波を見ると仕事も約束も放り出してしまうその性格が災いして、湘南でその日暮らしを送っていた。ある日、とうとう彼女にも愛想を尽かされ、住んでいたアパートを追い出されることになり、かつて自分を愛弟子のように可愛がってくれたサーファー工藤銀二を頼って鹿児島県種子島にやってくる。ところが頼りのサーフショップでは銀二はすでに亡くなっており、出迎えてくれたのはその娘、工藤美夏(馬場)。今はひとりでお店を切り盛りする美夏は、無一文の光太郎を邪険に追い返そうとする。当てもないまま、何とか美夏に鉄浜海岸まで送ってもらう光太郎だったが、そこには、サーファーにとって最高の波が日々訪れる美しい海が広がっていた......。

2005年、主演に大杉漣を迎え、定年後に突然サーフィンに目覚め種子島に移り住んだ中年男性の第二の人生を爽やかに描いた映画『ライフ・オン・ザ・ロングボード』。その13年後を舞台に描いた続編。一度は夢を諦めた男がサーフィンを通して自分自身と向き合いながら再び立ち上がっていく姿と、それを取り巻く人々の優しさに彩られた再生の物語。主人公・光太郎を演じるのは吉沢悠。光太郎の亡き恩人の娘で、種子島で父のサーフショップを守って生きる美夏役に馬場ふみか。ほかに竹中直人、香里奈、泉谷しげる、大方斐紗子、榎木孝明らが脇を固める。監督は、前作に続き喜多一郎。

監督:喜多一郎、出演:吉沢悠,馬場ふみか,香里奈

予告編・特報