ウィーアーリトルゾンビーズ

両親を亡くしたけど“泣けなかった”4人の少年少女の冒険物語

ウィーアーリトルゾンビーズ

ウィーアーリトルゾンビーズ

2019年 日本

監督:

長久允

配給:

日活

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

https://littlezombies.jp/

公開日:2019-06-14

2019年6月14日(金)全国公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

よく晴れたある日、火葬場で出会った4人。ヒカリ、イシ、タケムラ、イクコ。みんな、両親を亡くしたばかりだった。ヒカリの両親はバス事故で事故死、イシの親はガス爆発で焼死、タケムラの親は借金苦で自殺、イクコの親は変質者に殺された。なのにこれっぽっちも泣けなかった。まるで感情がないゾンビみたいに。夢も未来も歩く気力もなくなった小さなゾンビたちはゴミ捨て場の片隅に集まって、バンドを結成する。その名も、“LITTLE ZOMBIES”。やがて社会現象になったバンドは、予想もしない運命に翻弄されていく…。

第33回サンダンス映画祭(ショートフィルム部門)にて、埼玉県・狭山市で実際にあった事件を題材とした短編映画『そうして私たちはプールに金魚を、』で日本映画初のグランプリを獲得した監督・長久允の初の長編映画。本作でもサンダンス映画祭に出品され、日本映画として初めて審査員特別賞オリジナリティ賞を受賞したほか、ベルリン国際映画祭「ジェネレーション14プラス」部門でスペシャルメンションを受賞、ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭で最優秀男優賞(二宮慶多)を受賞し、海外映画祭三冠を獲得。物語の主人公であり、劇中バンド<リトルゾンビーズ>を演じるのは、『そして父になる』で福山雅治の息子役を演じた二宮慶多、ドラマ「嘘の戦争」など多くの作品に出演するぽっちゃり俳優水野哲志、天才似顔絵師として話題の奥村門土、そしてテレビCMや『クソ野郎と美しき世界』にも出演する中島セナ。このほか、佐々木蔵之介、工藤夕貴、池松壮亮らが脇を固める。

監督:長久允、出演:二宮慶多,水野哲志,奥村門土

予告編・特報