ラブ×ドック

鈴木おさむ監督・脚本×吉田羊主演、“遺伝子レベルの恋”を描いたラブコメディ

ラブ×ドック

ラブ×ドック

2018年 日本

配給:

アスミック・エース

ジャンル:

ドラマ/コメディ

公開日:2018-05-11

2018年5月11日(金)より、TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

アラフォー崖っぷちの飛鳥を取り巻くのは、妻がいる大人のカレ・淡井(吉田)、親友の千種(大久保)も恋する同世代のカレ・野村(玉木)、15歳も年の離れた年下のカレ・星矢(野村)といった、問題ばかりの<運命の相手>候補たち。「もしどの恋が上手くいくのか分かったら、傷つかなくていいのに…」。悩める飛鳥の前に、運命の恋を遺伝子で診断する恋愛クリニック【ラブドック】の院長・冬木(広末)とアシスタントの桜木(成田)が現れ、打てば危険な恋愛をストップできるという特別な薬を飛鳥に処方し…。様々なトラブルに浮き沈みする恋心…。友を失い、仕事を失い、恋をする度に惨めな気持ちになってしまう飛鳥は、涙を浮かべながらそれでも「人生に無駄な恋なんてない!」と言い放ち、走り出す!そんな彼女に待つ未来とはいったい!?

『ハンサム★スーツ』『新宿スワン』などの脚本も手掛ける鈴木おさむによる、初監督デビュー作にして完全オリジナル作品。遺伝子レベルで恋愛を操作するクリニック【ラブドック】を舞台に、«仕事は完璧、だけど恋愛は失敗続き≫な愛すべき女性・剛田飛鳥が恋に仕事に友情に奮闘する姿を描いた、“大人が楽しめる”かつてない新感覚ラブコメディ。主演は、映画では初の単独主演を果たした吉田羊。共演に、野村周平、玉木宏、吉田鋼太郎とそれぞれの色気を放つ豪華男性陣が集結し、時に可笑しく時に切なく、飛鳥の恋を彩る。

監督:鈴木おさむ、出演:吉田羊,野村周平,大久保佳代子

予告編・特報