ラヴレース

伝説のポルノ映画『ディープ・スロート』の主演女優の半生を描いたドラマ

ラヴレース

ラヴレース

LOVELACE 2012年 アメリカ 93分

ジャンル:

ドラマ

公開日:2014-03-01

2014年3月1日(土)~ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次ロードショー

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

1970年、フロリダの小さな町に暮らす21才のリンダ・ボアマン(A.セイフライド)は、バーの経営をしているチャック・トレイナー(P.サースガード)と結婚。性的にうぶだったリンダに対して、チャックは、セックスの快楽を一から教え込んでいった。しかし半年後、バーでの売春容疑で逮捕されたチャックは借金で行き詰まり、妻のリンダをポルノ映画へ出演させるという、とんでもないアイディアを思いつく。たった7日間で撮影されたリンダの主演映画『ディープ・スロート』は、1972年に全米公開され、記録的な大ヒット作となった。「リンダ・ラヴレース」というポルノ女優としての芸名を授かった彼女は、一躍スーパースターとなり、70年代の解放的な「セックス革命のシンボル」として祭り上げられていく――。

1972年に公開され、アメリカのポルノ映画史上空前絶後の大ヒットを記録した『ディープ・スロート』に主演した、伝説のポルノ女優リンダ・ラヴレースの光と影を描く、ファッショナブルでスキャンダラスな問題作。主人公のリンダには、『TIME/タイム』『レ・ミゼラブル』のアマンダ・セイフライド。暴力的な夫、チャック役にピーター・サースガード。ラヴレースの母親ドロシー役には、シャロン・ストーン。その他、クロエ・セヴィニー、ロバート・パトリック、エリック・ロバーツ、クリス・ノース、ジェームズ・フランコら豪華キャストが脇を固める。監督は、アカデミー賞受賞経験を持つロバート・エプスタインとジェフリー・フリードマン。

監督:ロバート・エプスタイン,ジェフリー・フリードマン、出演:アマンダ・セイフライド,ピーター・サースガード,シャロン・ストーン