マジでガチなボランティア

大学生がカンボジアに小学校と病院を建てるまでを追ったドキュメンタリー

マジでガチなボランティア

マジでガチなボランティア

2010年 日本

監督:

里田剛

ナレーション:

高良健吾

配給:

メディアフォーユー

ジャンル:

ドキュメンタリー

公式サイト:

http://majigachi.jp/

公開日:2010-12-04

2010年12月4日(土)より、渋谷シネクイントにてレイトショー(全国順次公開)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

2004年、東京医科大学へ通う石松宏章は、「GRAPHIS(グラフィス)」というサークルを作り、パーティーを開くのに夢中になっていた。ある日、彼のもとに「カンボジアに小学校を建てない?」というメールが届く。この時から「GRAPHIS」はチャリティーイベントを開催し、イベント収益でカンボジアに「小学校」を建てるまでに成長する。これらの経験は、今までにない充実感と大きな喜びとなり、次なる目標は、医者の少ないカンボジアに「診療所」を建てることに。しかし、順調に見えたボランティア活動は、サークル組織の拡大とともに、想像を絶する“試練”を迎える…。

合コンとナンパに明け暮れていた大学生たちが、ボランティアとしてカンボジアに小学校と診療所を建てるまでの3年間の奮闘を追った密着ドキュメント。ひょんなことからボランティアに夢中になっていく大学生たちの純粋な姿とともに、若者が持つ“普遍的な悩み”や“世界との接し方”、日本で生きる彼らの“閉塞感”を写し出していく。ナレーションは、高良健吾。

監督:里田剛、出演:学生医療支援NGO-GRAPHISメンバー