真っ赤な星

孤独をかかえる14歳の少女と27歳女性の、交わることのない愛の日々

真っ赤な星

真っ赤な星

2018年 日本 101分

監督:

井樫彩

配給:

映画「真っ赤な星」製作委員会

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://makkanahoshi.com/

公開日:2018-12-01

2018年12月1日(土)よりテアトル新宿ほか全国順次公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

片田舎の病院に怪我をして入院した14歳の陽(小松)。彼女はいつも優しく接してくれていた看護師の弥生(桜井)に対 し、特別な感情を抱き始めていた。だが退院の日、弥生が突然看護師を辞めたことを知る。1年後、陽は買い物の帰り道で偶然弥生と再会する。そこにいたのは、過去の優しい面影はなく、男たちに身体を売ることで生計を立てている弥生だった。再会後、学校にも家にも居場所がない陽は、吸い寄せられるように弥生に近づく。一方、弥生には誰にも言えない悲しい過去があった。満たされない現実を冷めた目で見つめ、互いに孤独を抱えるふたりは、弥生のアパートで心の空白を埋める生活を始めていく——。

映画『溶ける』にて、第38回ぴあフィルムフェスティバルPFFアワード審査員特別賞、第4回なら国際映画祭ゴールデンKOJIKA賞に輝き、第70回カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン正式出品など、各種映画祭で注目を集めた井樫彩監督の初長編監督作。14歳の少女と27歳の女性の「関わっても、交われない、ふたり。」が交流することを通して、年齢の差、環境の差、多くの違いを超えて生まれる「好き」という思いを描いていくラブストーリー。主演は、映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング・ビューティ』『娼年』の桜井ユキと、本作が長編映画初主演となる小松未来。

監督:井樫彩、出演:小松未来,桜井ユキ,毎熊克哉

予告編・特報